ブルージーンズが好きです。
何十万円もやるハイクオリティービンテージジーンズを買いあさるほどの耳年増ではありませんが、他のファッションにはない自分で履きこんで行くため自分だけに馴染んで行く秀逸第六感が愛する。
ウールオーバーや、綺麗なシャツ、ケバイ服などは、着れば羽織るほど古くなって赴き、色褪せていきます。ですから、お気に入りの服ほどなるべくきる回数を抑えてここぞという一時だけ着るようになってしまう。
せっかくの隠れ家だったり、奮発して買ったお洒落着なのに本末転倒な気がしますが、そんなものだ。
着てかつてなる=難点に関して、出先ですれてしまったり不潔が付くというがっかりするし、それほどしないように気を使うので疲れてしまいます。
一方ジーンズは、買ったばかりの色落ちしていないぴかぴかな状態はむしろ未完結で、しばらく履き込んで色落ちしたり、こすれたりしてはじめてジーンズらしくなってきます。
ですから、近所への配達も、家の中でもできるだけ長く履いて短く自分だけのジーンズに育てたいという気分になります。
すれたり汚れたりはやっぱり自分らしい味になります。
着て古くなる=追い風と感じることが出来る安いファッションだ。
なので、単なるピクニックも、歩き回ってすれたり皺が色落ちしていくためにプラスになっているといった見て取れることが、服をきる楽しみになります。
お洒落着、スーツと比べると、種やつくりだけでなく、何時ぞやなってもいいと感じて力一杯送れることがファッションとしての快楽という持ち味に繋がっているのではないかと思います。ライン掲示板のピンクは危険!LINEID掲示板で出会うには?