都内から仲良しがレクリェーションに来たので、大阪吹田に新しく出来た「ニフレル」っていう博物館をめぐってきました。
博物館って言っても、チャートや彫刻が展示して要るわけではなくて
水族館という生物園を足して2で割って、こじんまり、少々おしゃれにした感じのところです。
ウィークデーだったこともあり、待ち時間もなくスムーズに入館出来ました。
ようやくだったのだけど、なんだかんだ驚き、楽しかっただ。
大抵水族館って、壁際にそって水槽があるというのだけど、ここはそうじゃないのです。
それこそ博物館やミュージアムのように、コースの中間にいくつもの表示水槽があって、あちらこちらにアクセスを向けて見て出向く感じです。
生物の評価も下限しか書かれていないのは、一長一短かなぁ。
から関心を持たせるニュアンスなんだけど、その場その場でしばし承認やれる気分も欲しかったかもだ。
後述になるとホワイトタイガーやカバ、鳥類なんかの表示だ。
鳥類はともかく、院内表示だしなんとなく可哀想だし、ここにトラやカバは取り除けるニュアンスだけど、これも売り込みにつきかしら。
激しくはない建屋なのでゆったり見て回っても90パイぐらいでした。
魚やクラゲ、エビなどの動きを見てるだけで幸せに変わる方には、もってこいの職場です。
それでも私たちは空いてるところ行けたから幸福出来たけど
人混みところこういう表示で1900円は、コストパフォーマンス、悪いなぁ、という思っちゃった。
ウィークデーがファクター。http://toryanse.rash.jp/

今日は私が勤める勤め先の改装開始のお天道様だった。勤め先は40層ぐらい行き渡るアメイジングであり、近所のお年配がそれほど注文に来ている。前週の12お天道様に閉店操作をし、後々しきりに勤め先には来ていた結果、あまり感嘆はしなかったがやっぱ又もや店内を見ると、随分と変わっていた。正直な手答えを言うと綺麗になったのは勿論、広くなったような気がする。本社の人物が歓声に来てくれたこともあり、大して設置仕込み操作は全然しなかったような気がする。しばらくして朝会が始まり、設置スパンまでに大変部位が変わった代物の場所を確認した。無論ゾーンを覚える結果。顧客に〇〇何処?と聞かれたらどこにあるか案内しないといけないからだ。こちらスタッフはもちろんだが、顧客もゾーンが思い付かから当然の事です。時間になり設置した。リーダーから顧客100人物ぐらい並んでるよって聞いた結果マインドはしていたがともかく皆が入ってきた。頭痛という眩暈が起こりそうになったのは秘密である。店内を歩き回ってるって案の定、代物はどこにあるのかといった聞かれた。私は店内の縮図を見ながら顧客を案内した。全然真面目だったが賢く笑えて接客できたといった自分でおもう。そういった私の見かけをリーダーは見ていたのか帰り際に近頃頑張ったねという褒めてくれた。まだまだ嬉しかった。何かと得る事は多いがあすも頑張ろうという。あっ間違えたあすは休日です。明後日から頑張ろうという。http://gouin-traiteur.com/

蒸し暑いお日様が貫く、今どき近年。
なんだか「夏季」といえば、「心霊・幽霊」などのテレビ局が多く罹るカタチ。
なのでわたくしも、現在「こういう相談は実態は思っていたけど、実態ですな。」って
思った談話があるので、書かせてください。
わたくしはいま、建築事務所に勤務してあり、
日々の忙しさに目が回る思いを通しております。
建築動機というのは、不思議な体験をすることが多いようであります。
「なんだか、こういうフィールドは事が賢くもたつく。」
そういうことが多々起きるフィールドの場合、工事に関わる最前隊長を揃え、
お祓いをするという事もあるようです。
また現在も、「難題が多いフィールドです。」というので、工事フィールド隊長とともに、
お祓いをするフィールドがあるそうです。
お祓い講じるにあたって、「こういうフィールドの経歴をみてくれ。」とのことで、われわれ働き手で、
難題の多いこういうフィールドの事を調べを通していくと、
そのフィールドは「東京心霊パート」の1つになっているという、大地に曰くつきのフィールドでありました。
そういう事があり、
ある日先に同業建築人の客がすり合わせがあるとのことで来社しました。
提示のものが客とすり合わせ含め、他愛も弱い対話のなか、
「我々は近いうち、お祓いをすることになりまして。」
という、弊社のセールスマンのものが客に言うと、客が「どうして?不幸も起きましたか?」って聞かれ、
当社セールスマンが、「いえ。難題が多くてですね。何やら工事がもたつくのと、残りこの土地、いわく付きでして。」
それを聞いた客が、
「そういうのははなはだあるからね。大手町の平将門の首塚は、実態だからね。これで人死ん現れるし、火事も起きたしね。
もう今では恐ろしくて誰も手をつけないほどだからね。」
当社セールスマンも、平将門の首塚の事は知ってあり、「そうなんですよね。そんなフィールドってあるのですよね。」
その相談を隣席で聞いていたあたいは、「平将門の首塚の相談は、とことん耳にしていたけど、実態ですな。」といった、
建築市場における結果、身近に感じました。
みなさんも、近くになり、曰くつきの相談がありましたら、いたずらに手を出してはいけませんよ。
「触らぬ神に祟り無し」だ。恋がしたい人集まれ!恋愛がしたい女子の運命を変える恋の探し方