待ち時間もなくスムーズに入館出来ました

都内から仲良しがレクリェーションに来たので、大阪吹田に新しく出来た「ニフレル」っていう博物館をめぐってきました。
博物館って言っても、チャートや彫刻が展示して要るわけではなくて
水族館という生物園を足して2で割って、こじんまり、少々おしゃれにした感じのところです。
ウィークデーだったこともあり、待ち時間もなくスムーズに入館出来ました。
ようやくだったのだけど、なんだかんだ驚き、楽しかっただ。
大抵水族館って、壁際にそって水槽があるというのだけど、ここはそうじゃないのです。
それこそ博物館やミュージアムのように、コースの中間にいくつもの表示水槽があって、あちらこちらにアクセスを向けて見て出向く感じです。
生物の評価も下限しか書かれていないのは、一長一短かなぁ。
から関心を持たせるニュアンスなんだけど、その場その場でしばし承認やれる気分も欲しかったかもだ。
後述になるとホワイトタイガーやカバ、鳥類なんかの表示だ。
鳥類はともかく、院内表示だしなんとなく可哀想だし、ここにトラやカバは取り除けるニュアンスだけど、これも売り込みにつきかしら。
激しくはない建屋なのでゆったり見て回っても90パイぐらいでした。
魚やクラゲ、エビなどの動きを見てるだけで幸せに変わる方には、もってこいの職場です。
それでも私たちは空いてるところ行けたから幸福出来たけど
人混みところこういう表示で1900円は、コストパフォーマンス、悪いなぁ、という思っちゃった。
ウィークデーがファクター。http://toryanse.rash.jp/