《東京》で説高き、心霊地区

蒸し暑いお日様が貫く、今どき近年。
なんだか「夏季」といえば、「心霊・幽霊」などのテレビ局が多く罹るカタチ。
なのでわたくしも、現在「こういう相談は実態は思っていたけど、実態ですな。」って
思った談話があるので、書かせてください。
わたくしはいま、建築事務所に勤務してあり、
日々の忙しさに目が回る思いを通しております。
建築動機というのは、不思議な体験をすることが多いようであります。
「なんだか、こういうフィールドは事が賢くもたつく。」
そういうことが多々起きるフィールドの場合、工事に関わる最前隊長を揃え、
お祓いをするという事もあるようです。
また現在も、「難題が多いフィールドです。」というので、工事フィールド隊長とともに、
お祓いをするフィールドがあるそうです。
お祓い講じるにあたって、「こういうフィールドの経歴をみてくれ。」とのことで、われわれ働き手で、
難題の多いこういうフィールドの事を調べを通していくと、
そのフィールドは「東京心霊パート」の1つになっているという、大地に曰くつきのフィールドでありました。
そういう事があり、
ある日先に同業建築人の客がすり合わせがあるとのことで来社しました。
提示のものが客とすり合わせ含め、他愛も弱い対話のなか、
「我々は近いうち、お祓いをすることになりまして。」
という、弊社のセールスマンのものが客に言うと、客が「どうして?不幸も起きましたか?」って聞かれ、
当社セールスマンが、「いえ。難題が多くてですね。何やら工事がもたつくのと、残りこの土地、いわく付きでして。」
それを聞いた客が、
「そういうのははなはだあるからね。大手町の平将門の首塚は、実態だからね。これで人死ん現れるし、火事も起きたしね。
もう今では恐ろしくて誰も手をつけないほどだからね。」
当社セールスマンも、平将門の首塚の事は知ってあり、「そうなんですよね。そんなフィールドってあるのですよね。」
その相談を隣席で聞いていたあたいは、「平将門の首塚の相談は、とことん耳にしていたけど、実態ですな。」といった、
建築市場における結果、身近に感じました。
みなさんも、近くになり、曰くつきの相談がありましたら、いたずらに手を出してはいけませんよ。
「触らぬ神に祟り無し」だ。恋がしたい人集まれ!恋愛がしたい女子の運命を変える恋の探し方